男性が選ぶべき腕時計ブランドの値段と購入前に知っておきたいたった1つのこと

こだわりの腕時計を持ちたいという場合はじつは家賃と同じで懐に合わせた時計を選ぶことが大事です。

値段に関しては無理して20万を超えるような時計を購入した場合は修理代も高くつくことを知っておくべきことです。

長く使いたいならオーバーホールの費用はケチるべきではない

高価なブランド時計は長持ちさせるためにオーバーホールという古くなった部品を綺麗にしたり汚れを落とす作業はしたほうがいいです。

車と同じで定期的に行わないと長く使える時計でも壊れて使い物にならなくなってしまいます。

かかる値段は購入金額のおおよそで3分の1の価格がかかってきます。

 

さらに海外メーカーの場合は部品取り寄せなども含み半月以上はかかる場合もあります。

精密機械でちょっとやそっとでは故障することはないのでおおよそで5年を超えたあたりから修理依頼の場合があり5万円と言われ驚くことも珍しくありません。

 

また国内メーカーは腕時計の老舗スイスでも驚かれる技術を有しているので、シチズンやセイコーといったブランドで3万円前後でも見た目も悪くなくまた気取った感じもないので買いやすいブランドとしてあげられます。

何年くらいその時計を使いたいのかを決める

ワンランク上を目指す場合は、どれくらいの利用頻度で考えるかで決めます。

10年程度なら修理が必要ないことも多く、20年以上使う場合はその時計はしっかりとメンテナンスを考えるべきです。

 

また購入した場合はしっかりと説明書を読むことも重要です。

どんな場所がダメなのか長く持たせる為に必要なことが書いてあります。

腕時計の説明書はじっくりと読まれることは少ないのですがこだわりの腕時計を大切にするには重要な事です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ