スーツをおしゃれに着こなせる30代男性はかっこいい

suits

仕事においてもそれなりの経験を有し、経済的にも少し余裕が出てくるのが30代かと思います。

 

特に男性の場合、スーツを着ている姿を見ればその人のセンスがわかります。

スーツといっても、1着1万円前後で買える物から数十万円のオーダースーツまで様々ですし、合わせるYシャツがデザインの入った物なのか白無地なのかだけで全く印象が変わります。

 

例えばさほど高くないリクルートスーツの中に、うっすらとストライプの入ったシャツとそれに相性の良いネクタイをさりげなく合わせて着こなしている30代男性からは、単にお金をかければいいというわけではない自分の個性をさりげない形でアピール出来る余裕を感じますし、普段着ているものにも気を使う人だと想像できます。

見栄っ張りと思わせては駄目

逆に明らかに高級ブランドのスーツであっても靴がボロボロでノーネクタイだった場合、それだけでおしゃれだとは当然思いませんし高い物を身につける事で見栄を張りたいんだな、と感じてしまいます。

 

おしゃれとは、自分を見る相手を不快にさせない為のマナーであると同時に個性をアピールする手段だと私は思います。

 

人としての経験値をそれなりに積んでいる30代だからこそ出来るファッションを楽しんでいる男性はどんな女性から見ても魅力的なのではないでしょうか。

財布などの小物の重要性

財布や時計などの小物もセンスとしては重要なポイントですね。

 

特に財布は、スーツの場合できるだけ薄くきれいな物を持ちたいです。

プライベート用の財布と分けて使ってもいいくらいです。

 

薄い札入れかマネークリップのほうがスマート。

ポイントカードやレシートがいっぱい入ったパンパンの財布を男性が持っていたら少し残念な気持ちになる女性は多いと思いますよ。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ